日本語とジャーナリズム

武田徹さんの『日本語とジャーナリズム』刊行。以前晶文社のサイトで森有正の項を発見、Evernoteにクリップしていましたが、ようやく一冊の本にまとまりました。(森の)日本語論に焦点をあてた考察はとても読み応えがあります。
曖昧にしか分かっていない曖昧な言語を明晰に腑分けしてくれる武田さん。ぼくの淀んできたアタマで、さて、どこまで読み込めますか。今年は真面目に森有正を読み直そう。年譜の更新も滞っているし、資料の収集も遅滞している。いかんぞ、タカハシ。