少し間が空くと

電子書籍(Romancer形式)を作成する手順があやふやになってしまう体たらく。これをしも老化というか、はたまた根っからのバカか。ともあれ、『Web日記補遺』を準備中です。

昨日は武田徹さんの『日本語とジャーナリズム』を少し読むことができ、充足した一日。つまみ食いしかしていなかったテキストなので、最初から読むと実に面白く、腑に落ちます。ちょっとした挿話が後になって生きてきたりもするから、構成そのものも巧みですね。「誤解」されやすい森有正の日本語に関わる言説がみごとに整理されている。